はじめに

 自立学習は子どもたちが来塾し、自分でテキストを読み学び、演習して勉強し、することをし終えたら帰宅します。そう聞いた時に私が最初に感じたことは「あれ?それって塾にいく意味あるの?家で自習と変わらないんじゃないの?」ということでした。ですが、知るにつれ自習と自立学習は全く違うもので、結論としては「自立学習は大変良いものである」となりました。

 

 自立学習の素晴らしいのは自分で考える力が間違いなく身につくことです。解らない問題があった際に、以前は「この問題わからない」と言っていた生徒が、自立学習に移行後は「この問題が不正解だったが、自分はこう考えてこの答えになった。この違いの箇所はどこの単元を確認したら良いか教えてほしい」と激変しました。

 自立学習の教材はこれまでの塾用教材と違い、自分で読み学び理解する内容になっています。常に自分で考えて進めていくということが当たり前になっていくのです。どんな教科でも、もっと言えば社会へ出てからも全ての学びは万事この姿勢で臨む限りきっと道は開けます。受動的ではなく能動的に社会へ参加することが出来るようになるでしょう。それは素晴らしいことだと思います。

 

 これまでの学習塾は予習であれ、復習であれ自分一人では進めることが難しい内容だから先生に習う必要がありました。そして習った内容というものは、理解しいつでも使えるようにスキル化するまで演習する必要があります。

 ですが、多くの場合は習った内容を少々宿題でワーク等を解いて、習っただけで分かったつもり、出来るつもりになっただけで終わってしまいます。これでは自分ひとりで問題と向き合った場合に「やっぱり分かっていなかった」となりがちです。大事なのはしっかりと定着するまで演習を重ねる事です。

 しかし、従来の塾の従量制の月謝システムでは決まった時間しか先生に質問できないし、勉強することが出来きずあとは子どもたち次第となります。これに対し自立学習では時間無量のシステムとし、身につくまでしっかりと演習する事ができます。

 

  子どもたちが自分で進めることが出来る教材があるとして、勉強するためのたっぷりとした時間があるとして、じゃあ後は好きなだけ思う存分勉強しなさいと声を掛けたとして、果たしてお子様たちは毎日計画性を持ってコツコツと自発的に勉強するのでしょうか。とても疑わしいです。自分ひとりだけではやはり気持ちのままになる場合が多いと思われます。やはり誰かが見ていてあげる必要があります。

 そこで自立学習の教室が必要です。自分ひとりが勉強しているのではなく教室へ行けば共に励んでいる友人たちが居る。どうしてもわからない場合は気兼ねなく質問できる先生が居る場所。

 またお家で自習をして目の前の事に対しただ勉強するのに対し、教室では入学から入試までの内容を余裕をもって計画し、そしてそこから逆算して今勉強するべき内容を指示します。その為、子どもたちは勉強に専念することが出来ます。勿論、自立学習を身に着けていくと学習計画も自分で立案し実行することが可能になります。そうなったら自立学習を獲得したと言えるでしょう。

 

 是非大切なお子様を自立学習教育に預けてみませんか。


学習コース


所在地

自立学習アーネスト
〒663-8023 兵庫県西宮市大森町2-46
大森町バス停向かい
TEL:0798-20-3465

営業日・時間

平日:16:00-22:00
土曜:10:00-22:00
日曜:休校
テスト期間:応相談


Copyright 自立学習アーネスト – All rights reserved